格安携帯

おすすめの格安携帯やデメリット、比較情報などを書いています。

格安携帯にキャリアから乗り換え

 

キャリアから格安携帯に乗り換える際に発生する費用について調べてみました。

 

 

MNP

まずMNPと言って、キャリアで使っていた番号をそのまま格安携帯でも使いたい場合は特別な手続きが必要です。

 

この手続きにかかる手数料はドコモとauが2000円、ソフトバンクが3000円になります。

 

▼違約金

大手キャリアの場合、二年間の契約縛りがありわずか一か月ほどしかない更新月に解約しないと、9500円の解約手数料という名の違約金がかかってきます。

 

二年間の契約が終わると自動で更新されてしまうため、よほどメモなどをしておかないとこの違約金を払うことになる人が多いでしょう。

 

▼端末の残金

端末の残金が残っている場合は一括での支払いが求められます。

 

MVNO側の登録

MVNO側での登録手数料がかかりますが、その費用は会社によります。

 

大抵の場合は3000円程度がかかると思って良いと思います。

 

 

 

大手キャリアから格安携帯に変えるとこのように様々な費用が掛かってきます。

 

端末代金の支払いが終わっているとして、他の費用を合わせると約15000円前後はかかることになります。